いつも車を出してくれる友達へのお礼を兼ねて、誕生日に愛車グッズをプレゼント

心温まるご利用用途

お客様のご利用用途をご紹介します。

同様の内容のお客様が時々いらっしゃいますので参考にしてみて下さい。

お客様からの注文メール

いつも車を出してくれる先輩へお礼がしたいと思っています。

その人は8人乗りの車に乗っていて運転もかなり好きな方で、2時間かけてスキーに行ったり、近場のファミレスに行く時も喜んで出してくれます。

遠出する時はガソリン代を割り勘にする時もあるのですが、近場の時はあえてそこまではしていません。

何か気の聞いたプレゼントがしたくて、探していたらこちらのひざ掛けが目に留まりました。

友達数名でお金を出しますし、今まで払ってくれているガソリン代を考えたらぜんぜん安いと思うので、今度の誕生日プレゼントにしたいと思います。

リンカーン

愛車の写真で作るオリジナルプレゼント

作成する時の気持ち

このようにご事情をお伺いすると、作成する時にも様々な思いをめぐらせながら作っています。

皆さんが相手の人を思う気持ちを想像したり、送って頂いた車の写真を見て、この車で出かけていらっしゃるんだなと想像したりして作成するのも楽しい物です。

皆様のご利用用途、教えて下さいね。

お礼として使われる時のデザイン例

サークルの先輩へのプレゼント

大学のサークルでご注文いただく場合は、サークルのメンバーも一緒にデザインする時があります。車の前に数名が並んでポーズを撮った写真で作ると思い出に残る作品に仕上がります。

そういう時は、運転手さんへのプレゼントを兼ねて、みんなで同じ物を揃えたりする事もあります。

一緒に遊びに行く仲間の場合

スキーや海水浴など、2組や3組くらいの家族で車一台で行く事もあるかもしれません。

私も8人乗りのランクルに乗っていますので、時々運転手をしています。

その行き先で車の写真を撮って、背景入りで作成すれば「あの時の写真じゃない!?」と気付いてもらえるかもしれません。

ビーチパラソルを一緒にデザインしたり、スキー板が車の横に置いてあったりすると、アウトドア遊びが好きな人なら喜んでもらえるかもしれません。

いつも車を出してくれる人

私の友達でも、毎回車を出してくれる人がいます。当然運転が好きな人ばかりです。他人の車の助手席に乗っているのは楽しくないそうで、自分が運転している方が断然楽しいのだそう。だから苦痛でも無いですし、ガソリン代も自分で持つのが当然と思っているようです(運転させてくれてありがとうとでも言わんばかりに(笑))

でも、乗せてもらっている私達からすると、何かお礼をしたくなる物。しかもその人が先輩なら尚更甘えてばかりもいられません。

このような場面でご注文いただく時は、大学のサークルやママともさんたちからのご依頼が多いようです。普段からプレゼントを贈り合う週間がある人もいらっしゃるでしょうし、サークルの先輩への送別会などで使われているようです。

普段の気遣いでお礼をする

あまり大げさなプレゼントではなく、負担の気遣いでお礼をするのも良いと思います。

食事代を払ってあげるとか、休憩の時にソフトクリームを買ってきてあげると、あまり気を使わせずにお礼の気持ちを伝える事も出来るのでは無いでしょうか。

こんなシチュエーションを考えてみましたので参考までにご覧下さい。

等身大のお礼の仕方

彼は私より5つ年上で、正直経済力があります。

車ももちろん持っていて、私はいつも乗せてもらうばかり。

田舎だし、私も一応車は持ってるからガソリン代とか高速代とか、どれくらいお金が掛かっているかも分かります。

なので、何かの時には私もお金出そうとするのですが、ETCだから良いよとかって言われます。

彼はデートの時は給油はしません。

前もって、満タンに入れてきています。

給料の安い私には正直嬉しいですが、なんだか申し訳なさというか、もっと彼の約に立てる人になりたい。

せめて食事代くらいは。。。

そう言って私が払うととても喜んでくれます。

でも、本当に車に比べたら安くて申し訳なくて。。。

車が好きな人で、車に乗っているときが一番楽しいって言ってます。

ちょっと妬けるけど(笑)

先日、つい助手席で寝てしまいました。

起きて、自分が寝てしまったことに気付き彼に謝ると、こう言われました。

「起こさないよう、運転してた」

あぁ。。。なんて人なんだ。。

カレに、どうしても喜んでもらえる何かお礼がしたくて、色々考えました。

私に出来る事は・・・サンドイッチを作る事くらい。

車で食べると汚れちゃうから、どこかの公園で食べよう。

背伸びはやめて、今の私に出来る事をしよう。

私はケーキ用の型抜きを買いに行った。

車の形の型抜き・・・、意外と売っていないものだなぁ。。。

まぁ、普通に包丁で切ればいっか。

背伸びはやめよう^^